夜勤がきついと感じたら

夜勤の疲れというのは看護師にとって避けられないことなのかもしれません。病棟で働く以上、夜間でも救急対応しなくてはなりませんし、夜勤つらい病棟を見回って患者さんの様子をチェックすることも必要な仕事です。しかし人間の体は夜間は休むようになっており、無理して働くのはストレスになりますし、体内時間が狂うことで体調を崩したり、免疫力が落ちたりすることが知られています。そのため交代制の仕事の場合には夜勤があったら翌日は休みにするか、午後からの出勤にするなど休養をしっかりとれるようにシフトを組むことが義務付けられています。そうはいっても眠れない場合には休みをもらっても休んでいるとはいえませんし、気分の切り替えができないまま疲れをひきずってしまうことにもなりかねません。疲れの蓄積に慣れてしまうことが一番怖いことです。心身が麻痺してしまう前に、疲れをしっかりリセットする自分に合ったやり方を探しておきましょう。

また、自分の時間と業務時間にメリハリをつけることも大切です。看護の仕事についたのであれば、夜勤も大切な勤務のひとつだと気持ちを切り替えて、夜勤で休養するときにアロマを試したり、ハーブティーを飲んだりと体をいたわりながら体を休めることができるように工夫してみるのがおすすめです。先輩にどうやって夜勤を乗り越えたかとアドバイスしてもらうことで、もっと働きやすくなるかもしれません。自分の身体のオンとオフのスイッチを上手にコントロールしましょう。
◆イチオシサイト「これでOK!夜勤攻略法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です